logo
Home

シャレード 映画 感想

映画「シャーレード」 (投稿日:年10月19日) オードリー・ヘップバーンが出て居る作品はシリアスなものでも、どこかしらユーモアがあったり、パートナー役の男性が恰好良かったりと、謎解きメインのこの作品でもそれらを中心に楽しませてもらいました。. シャレードを見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。映画鑑賞の前にぜひ. 製作 1963年 監督 スタンリードーネン 出演 オードリーヘプバーン ケーリーグラント シャレード 映画 感想 ウォルターマッソー あらすじ レジーナは友人とのスキー旅行の途中で離婚を決意するが、帰宅すると夫は死んでいた。さらに、夫が戦時中に3人の男と軍資金を横領したあげく、仲間をだましていた事実が発覚.

投稿者 作成者: saka; 投稿日 シャレード 映画 感想 /11/07 19:21 「シャレード」を鑑賞!おすすめの名作映画です! への コメントはまだありません. 切手収集家から切手を取り戻したレジーナは部屋に戻りましたが、そこではテックスが殺害されていました。現場には「ダイル」という文字が残されていおり、レジーナはバーソロミューと連絡を取ってパレ・ロワイヤルで待ち合わせすることにしました。ピーターは自分がダイルではないことを明かしますが、レジーナは彼を振り切って現地に向かいました。 ピーターに追われながらもバーソロミューに会ったレジーナでしたが、追いついたピーターからバーソロミューことが本物のダイルであることを告げられました。正体を認めたバーソロミューはレジーナから切手を奪おうとしますが、ピーターはバーソロミューを倒してレジーナを助けました。 翌日、レジーナは25万ドルの切手をアメリカ政府に返却するためアメリカ大使館へと向かいました。ところが、応対室へ通されたレジーナは何とピーターがイスに座っていることに驚きました。実はピーターの真の正体は大使館員のブライアン・クラクシャンクであり、かねてからこの金塊の事件を追っていたのです。ピーターは納得しないレジーナに結婚を申し入れました。 以上、映画「シャレード」のあらすじと結末でした。. オードリーヘップバーンの「シャレード」とはどのような映画ですか?もし見たことがあるなら感想も教えてください。 夜分こんばんは、オシャレで、コメディー風、ミステリー、サスペンス、クライム映画です主人公のケーリー・グラントさんが、何度も名前(ピーター、アダム. 次々と謎が謎を呼び最後までサスペンスを楽しめるいい映画でした。 年齢を増したオードリー・ヘプバーンも魅力的でした。 また何かが起こる予感がしそうな音楽もこの映画に一花さかせているようです。.

ゲイが語る映画の感想とクローズドゲイの日常 映画の感想が主ですが、たまにゲイアプリでの出会い報告もやってます。その時は(ゲイ話題)と書きますので、ゲイに対して理解のない人には、そっとページを閉じてくださいね。. 映画「雨に唄えば」(1952年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて). シャレード()の映画情報。評価レビュー 40件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マーク・ウォールバーグ 他。 バカンスからパリの自宅へ戻ってきた夫人レジーナ。彼女は、かねてから夫婦間で持ち上がっていた離婚問題にケリをつけようとしていた。. ジゼル:男どき女どき(おどき めどき) (11/11). 一応、映画の紹介。 ほかにもいろいろなこと書き込みましゅ。 読書したときの感想とか。 たま~に、 オヤジとしてのグチも書き込みましゅだ。(^^). · シャレード(1963)。重さんの映画レビュー(感想・評価)。評価4.

この映画はケイリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディと役者がそろっていて見応えはあるし、25万ドルの価値があるものが目の前にありながら、終盤まで誰も気づかないということがおもしろいし、セーヌ河. See シャレード 映画 感想 full list on eiga-watch. 贖罪 (11/12) 小鹿物語 (11/06) 追悼 ショーン・コネリー (11/05) フードインク (10/28) ニードフルシングス (10/28) 最新コメント. シャレード のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。. 金塊の行方を追っているギデオン・テックス・スコビーはレジーナを脅し、「金をよこせ」と脅迫してきました。ピーターはレジーナを守るべく三人と交渉しますが、実はピーターはこの三人と旧知でした。しかし、ピーターがレジーナの信頼を得ることで大金を独り占めしようとしているとの懸念を強めたスコビーはレジーナに電話をかけ、ピーターの正体はチャールズら四人と共に金を盗み出したダイルという男であると告げました。 バーソロミューと会ったレジーナは彼からピーターの正体を探るよう頼まれ、レジーナから問い詰められたピーターは自分はダイルの弟であり、兄は金塊のことを密告しようとして殺害されたと語りました。その後、ピーターはスコビーと格闘して怪我を負い、レジーナの手当てを受けた際に自分の正体はダイル本人であることを告げました。 ギデオン・テックス・スコビーはレジーナの甥ジャン=ルイ(トーマス・チェリムスキー)を人質に取り、レジーナとピーターを部屋に呼び出しました。ピーターは金の在り処は三人のうち誰かが知っており独り占めにしようとしていると語り、三人は疑心暗鬼に陥りました。やがてスコビーが他殺体となって発見され、ピーターとレジーナはグランピエール警部から追及されました。 その後、レジーナはバーソロミューからダイルに兄弟はいないとの連絡を受け、改めてピーターを疑いますが、ピーターは今度は自分の正体は泥棒の泥棒のアダム・キャンフィールドだと告げ、ピーターとレジーナは互いに打ち解けあっていきました。 その夜、ギデオンが他殺体となって発見され、レジーナとピーターは行方をくらましたテックスが犯人だと疑いました。しかし、テックスはピーターに 金の在り処を教えるよう電話をかけてきたため、ピーターはレジーナが金の在り処を知っていると考え、改めてチャールズの遺品を確認することにしました。翌日、チャールズの手帳がなくなっていることに気付いたピーターはテックスの部屋でその手帳を見付け、レジーナを連れて手帳に書かれていたシャンゼリゼ公園へと向かいました。この日が切手市の日であり、レジーナは自分宛の手紙に貼ってあった切手こそが25万ドルの値打ちがある稀少な切手であることを突き止めました。.

ミュージカル映画のような非現実的なダンスパートナー交代シーンや演者が観客に向かって笑顔を振りまいたりするのも、手持ちカメラ(? )風で見せるパリの街並みもいかにもヌーヴェルヴァーグだし、アニエス・ヴァルダやアンナ・カリーナの登場も. 30 映画「ティファニーで朝食を」(1961年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて). 映画感想「シャレード」 30年ぶりでしょうか、久しぶりに見た名作は記憶を遙かに上回りものすごい名作だったことに気がつきました。 映画が始まると列車が走ってきて一人の男性がその列車から投げ出される。.

本日紹介する映画は、『シャレード』です。 Audrey HepburnさんとCary Grantさんが送る ミステリー兼サスペンス作品です🙌 【出演者】 🔸 Regina Lampert役 - Audrey Hepburn 🔸Brian Cruikshank (Peter Joshua) (Alexander Dyle) (Adam Canfield) 役 - Cary Grant 🔸 Carson Dyle (Hamilton Bartholomew) 役. 映画、シャレードの感想 ★★★★★ 出演: シャレード 映画 感想 オードリー・ヘプバーン ケーリー・グラント 監督: スタンリー・ドーネン オードリー・ヘプバーン出演映画というと、ローマの休日やマイ・フェア・レディなどが有名ですよね。. 主に映画の感想をつぶやいてます。 時々、政治関連のこともグチってます。 最新記事. にほんブログ村映画ブログ人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします最近なんだか推理小説が読みたい気分になって、図書館へ行って、ある有名作家の本を借りて読んでみたのだが・・・なんと数ページ読んでいくと、犯人らしき人物の名前に赤ペンでマルが囲まれてい. 映画鑑賞の記録 1(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)ココから下が転記の内容です。【サスペンス】 1963年・アメリカ1976年11月19日(金) PM9:00~10:50 (高1)監督 スタンリー. スキー旅行に出かけた大富豪チャールズの妻レジーナ・ランバート(オードリー・ヘプバーン)は、そこでピーター・ジョシュア(ケーリー・グラント)と名乗る男と出会い、軽く会話を交わしました。その後、夫との離婚を決意したレジーナはパリの自宅アパートに戻りましたが、いつの間にか全ての家財道具一切が部屋から持ち出されていました。 驚くレジーナの前に司法警察のエドゥアード・グランピエール警部(ジャック・マリン)が現れ、レジーナは警察署まで連れて行かれました。そこでレジーナが知らされたのはチャールズが死んだという衝撃の知らせでした。チャールズは死の直前に家財道具の全てを競売にかけ、落札代金25万ドルを持ってパリを経とうとしましたが、列車に乗った際に何者かによって突き落とされたというのです。 レジーナは警察からチャールズの遺品である手帳や文房具、レジーナに宛てた手紙、何冊ものの偽名のパスポートなどを受け取ってアパートに戻りました。するとそこに先日知り合ったばかりのピーターが現れ、「夫の事件は新聞で知った。何か協力できることはないか」と申し出てきました。自分は警察から疑われていると感じたレジーナはピーターの協力を得ることにしました。.

主に映画の感想、基本的に2本立て、バイクネタも少々。 このブログの映画の感想はネタバレ全開となってます。 テキストは親指シフトで入力しています。. シャレード 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『シャレード(1963)』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む. 映画「シャレード(1963年) 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。シャレード(1963年) のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは サスペンス. シャレード 感想・レビュー投稿.

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。 (1-141) シャレード (殿堂入り) /04/06(月) 23:30:00 _. 映画感想『ママは世直しヒーロー』ダサいタイトルから想像できない面白さが光るヒーローもの; 映画感想『ソード・オブ・レジェンド 古剣奇譚』中国rpg原作ファンタジー!レニー・ハーリンによるイマイチvfx映画・イエンジアはai職人(霊力)!. チャールズの葬儀に参列したのはレジーナ、レジーナの親友でスキー旅行にも同行していたシルヴィ・ゴーデット(ドミニク・ミノット)、そしてグランピエール警部だけという実に寂しいものでした。しかし、葬儀の途中にレジーナと面識のない三人の男、小柄なレオポルド・ギデオン(ネッド・グラス)、身長の高いテックス・ペンソロー(ジェームズ・コバーン)、大柄で右手が義手のハーマン・スコビー(ジョージ・ケネディ)が現れ、チャールズの遺体を確認すると去っていきました。 不安を覚えたレジーナはアメリカ大使館に呼び出され、大使館員のハミルトン・バーソロミュー(ウォルター・マッソー)から衝撃の事実を伝えられました。チャールズの正体は第二次世界大戦時にCIAの前身であるOSSに所属していたエージェントのチャールズ・ヴォスであり、葬儀の場に現れたギデオン・テックス・スコビーと共にフランスのレジスタンスに渡すという25万ドル相当の金塊の輸送任務に従事していたのです。 ところが、チャールズたちは金塊を盗まれたことにして着服、戦争が終わったら四人で山分けする取り決めをしていたのですが、ドイツ軍の攻撃を受けたスコビーが右手を失い、四人が散り散りになった隙を狙ってチャールズが金塊を独り占めしたというのです。. 『シャレード』は、1963年の冬に公開された、オードリー・ヘプバーン演じるレジーナが離婚予定だった夫チャールズの死をきっかけに、戦時中に夫が横領した金塊をめぐって脅迫を受けることからはじまるロマン・サスペンス映画です。 今回は『シャレード』. シャレード(1963年12月21日公開)の映画情報、予告編を紹介。「パリの恋人」の監督、オードリー・ヘップバーン主演の.

シャレードのあらすじ・作品解説ならレビューン映画 「1963年のアメリカ映画。」等、スタンリー・ドーネンの映画シャレードについてのあらすじや作品解説はもちろん、実際にシャレードを観たユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。.

/873114 /6782 /79251-133 /81914b09f6f1c